【レースレポ(EQADS/日本代表U23)】『クロノ・シャテルローデ個人TT(9/15)』松田が仏トップアマに交じり、3位入賞の快挙。世界選手権へのチューニングは上々。

Kenichi Yamazaki2018/09/17(月) - 02:02 に投稿

■写真↑ :フランス国内におけるトップアマ達に混ざり、現地フランス人観客たちを驚かせる3位入賞を果たした松田祥位。欧州遠征を開始した今年春に比べて、表情に自信と風格を漲らせ始めた。

 

■写真↑ :欧州では「個人TT力がなければプロにはなれない」のが常。宿題をきっちりとこなし、世界の階段を着実に上る松田祥位。

 

レース&カテゴリー名

クロノ・シャテルローデ(個人タイムトライアル大会)

16e édition du Chrono Châtelleraudais
 

期間・日程

2018年9月15日(日)
21.0 Km

EQADSからの出場選手

松田祥位

開催地

フランス・シャテルロー

【結果/リザルト】

1位:ROGER Maxime(フランス/TEAM PRO IMMO NICOLAS ROUX)26m29s
2位:MOULIN Aurelien(フランス/OCEAN TOP16)27m09s
3位:松田祥位 27m15s
4位:FOURNIER Quentin (フランス/VENDEE U PAYS DE LA LOIRE) 27m40s
5位:FOURNET FAYARD Sébastien(フランス/TEAM PRO IMMO NICOLAS ROUX)27m40s
6位:CHASSAGNE Thomas(フランス/TEAM PRO IMMO NICOLAS ROUX)27m57s

第1&第2カテゴリークラス 出走18人

<浅田監督によるコメント>

「世界選手権ロードタイムトライアルの準備としてフランス・ヴィエンヌ県で行われた個人タイムトライアルレースに松田祥位が参加しフランスのトップアマに混じり3位に入賞した。コースは標高差100m程の緩い登りはあるが全体的に風の影響を受けるパワー系のタイムトライアルコース。松田は比較的序盤スタートであったため、途中1分毎スタートの前走者3人を抜き21.5㎞のコースを平均速度47.3㎞で走破しての3位入賞となった。」

【参考リンク】

<2018年「エキップアサダ(EQADS)」メンバー>