【EQADSレポ】『JBCF東日本ロード(6/18&19)』中山竜一(E2)&町田朝陽(E3)が勝つべきクラスできっちりと勝利し、着実にステップアップを果たす。

Kenichi Yamazaki2022/06/18(土) - 10:19 に投稿

(↑写真)Day1-E3クラス。サバイバルレースの最終盤に抜け出し、マッチスプリントを制した町田朝陽(EQADS U19)。町田は翌日の同クラスでも勝ち、E2完全優勝を果たした。

 

(↑写真)Day1-E2クラス。降雨の大混戦、中山竜一(EQADS U19)が力づくで勝利を千切り獲った。

【EQADSレポ】『JBCF東日本ロード(6月18/19日)』中山竜一(E2)&町田朝陽(E3)が勝つべきクラスできっちりと勝利し、着実にステップアップを果たす。

日本最難関のアップダウンコースで二日間に渡って開催された本大会。集団内で休みやすい平坦区間がほとんどなく、地脚が如実に表れるコースのため、翌週開催される日本一決定戦、「全日本選手権ロード」の行方を占う上で重要な舞台だ。降雨&猛暑などの荒天に見舞われ厳しい戦いとなったが、若手選手が勝つべきレースできっちりと勝ち切り、未来を切り開く有意義な週末となった。

レースカテゴリー名

『第56回東日本ロードクラシック修善寺大会』

期間・日程

2022年6月18日(土)Day1
2022年6月19日(日)Day2

開催地

日本サイクルスポーツセンター(静岡県)

【リザルト】

<Day1>

【E2=45㎞(5㎞ x 10周)】

(↑写真)中山竜一(EQADS U19)が最後の登りスプリントで先行選手らを捲り、意地の勝利

1位:中山竜一(EQADS U19)1時間27分14秒
2位:玉城翔太(日本体育大学)
3位:舘岡賢弥(ハヤサカサイクルレーシングチーム)

◆フルリザルト PDF(Day1-E2)

(↓映像)Day1-E2レース最終局面の録画映像(注:6月20日23時以降は有料):

 

 * * *

 

【E3=35㎞(5㎞ x 7周)】

1位:町田朝陽(EQADS U19)1時間0秒4(平均時速34.95km/h)
2位:夏目店斗(LEVANTE HOPE)+0
3位:坊 紳(SNIFF・OUTDOORLIFE Racing)+0

◆フルリザルト PDF(Day1-E3)

(↓映像)Day1-E3レース最終局面の録画映像(注:6月20日23時以降は有料):

 

<Day2>

【JPT/P1=110km(5㎞ x 22周)】

(↑写真)炎天下のJPT/P1でメイン集団に喰らい付く山田拓海(EQADS)

1位:小林 海(マトリックスパワータグ)3時間2分41(平均時速:36.12km/h)
2位:トマ・ルバ(KINAN Racing Team)+4秒
3位:レオネル・キンテロ(マトリックスパワータグ)+2分51秒
19位:山田拓海(EQADS)+6分28秒
DNF:馬場慶三郎(EQADS)
DNF:長川達哉(EQADS)
DNF:川崎三織(EQADS)
DNF:西本健三郎(EQADS)

◆フルリザルト PDF(Day2-JPT/P1)

小俣コーチによるDay2-JPT/P1レースコメント>

距離は110kmと短いものの、5kmサーキットの22周はその数字をそのまま受け取ってはいけない。勝つのも難しいが、ラップも短い為、完走も実力が無いと難しい。
不調を脱し切れていない西本、川崎は暑さにやられてしまい、早々にリタイヤ。長川も徐々に集団内の位置を下げリタイヤとなった。馬場は時折、集団の先頭も走って粘ったものの、残り2周で降ろされてしまった。結局残ったのは、最近好調の山田のみ。勝負のかかった最終場面で全力で食らいついたものの、優勝争いに絡むことは出来なかったが、価値ある完走ではなかったか。
来週は全日本。
残された時間は決して多くないが、それでもやるべき事はある筈。
個々の現状の中で、万全を尽くして挑んでもらいたい。

(↓映像)Day2-JPT/P1レース最終局面の録画映像(注:6月20日23時以降は有料):

 

* * *

 

【E2=45㎞(5㎞ x 10周)】
1位:高木 俊輔(Racing CUBE)1時間17分40秒(平均時速:34.75km/h)
2位:中村 圭吾(バルバクラブタカオカ)+1秒
3位:小倉 功太郎(フィッツ)+1秒
4位:中山竜一(EQADS-U19)+4秒

◆フルリザルト PDF(Day2-E2)

(↓映像)Day2-E2レース最終局面の録画映像(注:6月20日23時以降は有料):

 

* * *

 

【E3=35㎞(5㎞ x 7周)】

1位:町田朝陽(EQADS U19)1時間0秒45
2位:大島 義昭(LINKVISION GIRASOLE CYCLING)+0秒
3位:坊 紳 (SNIFF・OUTDOORLIFE Racing)+1秒

◆フルリザルト PDF(Day2-E3)

小俣コーチによるDay2-E3レースコメント>

日本CSC5kmサーキットはきつい上りと下りしかないコース。実力があれば勝ちやすいコースレイアウトだ。
昨日のレースで優勝し、今日が最後のE3となる町田。
上りの度にアタックをかけるが、マークがきつくなかなか逃がしてもらえない。
最終周の上りで麓からアタックをかけると、ようやく後続を引き離す事に成功。続く下り区間で差を縮められるものの、最後はなんとか力を振り絞ってゴール。
二日連続の勝利となった。
次戦よりE2。ようやく階段を一つ上る事が出来た。この勢いで、更なるステップアップを期待したい。

(↓映像)Day2-E3レース最終局面の録画映像(注:6月20日23時以降は有料):

 

【Y2=30km(5㎞ x 6周)】

(↑写真)EQADSの弟分クラブチーム「埼玉ユース自転車競技部」の澤野司が逃げ切り優勝!

1位:澤野 司(埼玉ユース自転車競技部)57分18秒(時速31.40km/h)
2位:佐竹 清亮(AVENTURA VICTORIA RACING)+1分49秒
3位:野村 慧晴(AVENTURA VICTORIA RACING)+3分51秒
4位:新井 優貴(埼玉ユース自転車競技部)+7分41秒

◆フルリザルト PDF(Day2-Y2)

浅田顕監督による総括コメント

UCIネイションズカップU23から帰国した山田と川崎を含む計5名は、EQADSとしては今年初めてのJPTチーム参加。日曜日の110㎞レースでは完走23人という予想通りのサバイバルレースとなった。翌週に全日本選手権ロードを控え、最後まで走り切る事を前提とする中、チェコのUCIネイションズカップU23を59位で走り切った山田が、旅疲れや時差ボケからも回復しつつ、終盤は勝負の再重要な展開に絡む見せ場を作り唯一最後まで走り切った。川崎と西本は調子が整わず不本意なリタイヤ、後半まで粘った長川は上がり調子ながらも位置取りの課題を残し、終盤に脱落した。馬場は初のCSC5㎞サーキットながら前半は前方を走り手応えを掴んだようだ。

今週末広島で行われる全日本に向けてはチーム内で状態のバラツキは残るが、各選手が役割を全うできるように準備して欲しい。

一方、Eクラスの階段を登るU19の町田と中山は両日とも実力を発揮し、それぞれ一段の昇格を果たした。こちらも今週末に京都美山での全日本ジュニアロードに向けて良い感触を得たようだ。

何はともあれシーズン折り返しの一区切りまであともう少し。来年に繋がる大切なシーズン後半のスタートに向けて選手たちが気持ちよく全日本を終える事を願っている。

【参考リンク】

<2022年「エキップアサダ(EQADS)」メンバー>