【レースレポ(EQADS/日本代表)】『ツアー・オブ・ジャパン(5/19-26)』日本最大のステージレースに松田、渡邉、蠣崎が出場

Kenichi Yamazaki2019/05/17(金) - 01:53 に投稿

レースカテゴリー名

NTN presents 2019 「ツアー・オブ・ジャパン」

期間・日程

大会期間:2019年5月19日(日)~5月26日(日)

出場メンバー(スタッフ)

<エリート>(6名)
松田 祥位(岐阜 EQADS)
冨尾 大地(鹿児島 CIEL BLEU KANOYA)
渡邉  歩(福島 POC Cote de Lumiere)
尾形 尚彦(宮城 中央大学)
蠣崎 優仁(静岡 EQADS)
山本 哲央(山梨 中央大学)

<スタッフ>(3名)

監 督
浅田  顕(選手強化コーチ)
メカニック
高橋 優平(選手強化支援スタッフ)
マッサー
井上 良輝(選手強化支援スタッフ)


開催地

堺・京都・いなべ・美濃・南信州・富士山・伊豆・東京(全8ステージ)

【結果/リザルト】

<5月19日(日):第1ステージ「堺」2.6km個人TT >

■第1ステージリザルト:

1位:岡 篤志(JPN) BLZ 宇都宮ブリッツェン 3分06秒69
2位:窪木 一茂(チームブリヂストンサイクリング)+0秒59
3位:AULAR Orluis(ヴェネズェーラ/マトリックス パワータグ) +1秒33
42位:尾形尚彦+11秒
45位:松田祥位+12秒
50位:山本哲央+12秒
63位:渡邉歩+15秒
78位:富尾大地+19秒
83位:蠣崎優仁+20秒

■<第1ステージ>個人&総合フルリザルト

<浅田顕監督のコメント(第1ステージ)>
「 今回の日本ナショナルチームはU23選手で構成し成長を図る。8日間のステージレースの初日は2.6㎞という非常に短い個人タイムトライアルで競われ、宇都宮ブリッツェンの岡篤志が日本人としてステージ初優勝飾り好スタートを切った。ナショナルチームメンバーもそれぞれの調子を確認しながら全力で走り抜けた。8日間を6名で走りぬくために明日からのロードレースステージではベストを尽くしてゆきたい。/浅田 顕」

 

<5月20日(月):第2ステージ「京都」105km >

■第2ステージリザルト:

1位:TOOVEY Ayden (オーストラリア/チーム・ブリッジレーン) 2時間4分’25秒
2位:入部 正太朗 (シマノレーシングチーム)+0秒
3位:ZACCANTI Filippo / フィリッポ・ザッカンティ (イタリア/NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ) +2秒
50位:渡邉歩+2分44秒
63位:尾形尚彦
73位:富尾大地
76位:松田祥位+9分04秒
87位:蠣崎優仁+17分12秒(パンクのため)
山本哲央は落車負傷のため途中棄権

個人総合リーダー
TOOVEY Ayden (オーストラリア/チーム・ブリッジレーン)

■<第2ステージ>個人&総合フルリザルト

<浅田顕監督のコメント(第2ステージ)>
「 第2ステージは風が強く集団の分断を警戒し、リーダーチームとともに常時前方に位置取ることで一人でも多くの先頭集団ゴールを狙ったが、終盤のペースアップに耐え切れず、結果は渡辺がトップから2分44秒遅れの50位にとどまった。レースは序盤に出来た7名の先行グループに対し、2分前後で集団がコントロールされたが、3名は最後まで吸収されず逃げ切りとなった。日本勢では入部正太朗(シマノレーシング)が果敢な走りで健闘し2位に入った。またチーム内では終盤遅れてしまったものの初出場の尾形が一番良く走れていた。/浅田 顕」

 

<5月21日(火):第3ステージ「いなべ」127km >

■写真↑:序盤に落車した蠣崎だが、ステージを完走し翌日へと希望を繋げた。

■第3ステージリザルト:

1位:HILL Benjamin (オーストラリア/リュブリャナ・グスト・サンティック) 3時間18分34秒
2位:ŤOUPALÍK Adam (チェコ/チーム・ザワーランド・NRW・P/B・SKS・ジャーマニー) +0秒
3位:AULAR Orluis / オールイス・アウラール (ヴェネズエラ/マトリックス パワータグ)+13秒
60位:渡邉歩
61位:尾形尚彦+2分56秒
69位:富尾大地+8分45秒
79位:蠣崎優仁+14分17秒
松田祥位は途中棄権

個人総合リーダー
HILL Benjamin (オーストラリア/リュブリャナ・グスト・サンティック)

■<第3ステージ>個人&総合フルリザルト

<浅田顕監督のコメント(第3ステージ)>
「 いなべステージは細い急坂区間をアクセントとする21㎞の周回コース。チームは昨日調子が良かった尾形をステージ上位に送るために連携を試みる。レースは序盤からアタックが多く、山岳賞を狙った逃げグループが形成されるが、最終回に入る手前には人数が絞られながらも集団は一つにまとまり上りゴールへ向かう。しかし最後は2名が集団から飛び出しそのまま逃げ切りとなった。後続のメイン集団は13秒差、日本人最上位はブリヂストンの窪木が4位、そしてチームで連携した尾形と渡辺は最終回に入る坂で遅れてしまい、トップから2分56秒遅れてのゴールとなった。また、序盤に落車した蠣崎は負傷しながらもレースを走り切り辛くも明日へ繋いだ。松田祥位は初日から調子が改善されず今日は序盤にリタイヤを選んだ。チームは3日目にして早くも4人になってしまったが、このまま4人で最終日の東京ステージまで踏ん張りたい。/浅田 顕」

 

<5月22日(水):第4ステージ「美濃」139.4km >

■写真↑:

■第4ステージリザルト:

■<第4ステージ>個人&総合フルリザルト

<浅田顕監督のコメント(第4ステージ)>
「 /浅田 顕」

 

<5月23日(木):第5ステージ「南信州」123.6km >

■写真↑:

■第5ステージリザルト:

■<第5ステージ>個人&総合フルリザルト

<浅田顕監督のコメント(第5ステージ)>
「 /浅田 顕」

 

<5月24日(金):第6ステージ「富士山」36km >

■写真↑:

■第6ステージリザルト:

■<第6ステージ>個人&総合フルリザルト

<浅田顕監督のコメント(第6ステージ)>
「 /浅田 顕」

 

<5月25日(土):第7ステージ「伊豆」122km >

■写真↑:

■第7ステージリザルト:

■<第7ステージ>個人&総合フルリザルト

<浅田顕監督のコメント(第7ステージ)>
「 /浅田 顕」

 

<5月26日(日):第8ステージ「東京」112km >

■写真↑:

■第8ステージリザルト:

■<第8ステージ>個人&総合フルリザルト

<浅田顕監督のコメント(第8ステージ)>
「 /浅田 顕」

【参考リンク】

<2019年「エキップアサダ(EQADS)」メンバー>